top of page

詳しくはこちら

取扱商品一覧

詳しくはこちら

工事までの流れ

ガス乾燥機の乾太くんとは?メリット・デメリットから評判・口コミ



忙しい現代人の強い味方として、巷で人気が急上昇しているのが、ガス乾燥機乾太くん。

 

その名の通り、ガスのパワフルな乾燥力で一気に衣類を乾かしてくれる頼もしい存在です。洗濯物をたった1時間程度でふかふかにしてくれます。家事を楽にしてくれる頼れるアイテムとして年々人気上昇中。

 

ただし、どんなに素晴らしい商品でもデメリットはあるものです。

 

この記事では乾太くんのメリット・デメリットを、利用者の口コミ・評判を交えて紹介していきます。

 

購入を検討している方や、この商品が気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 

乾太くんとは?

リンナイが提供するガス衣類乾燥機「乾太くん(かんたくん)」は、1992年の発売以来、30年以上にわたって愛され続けている人気商品です。

 

発売以来、購入者の声は満足度95%を下回ったことのない高評価商品となっています。公式サイトの発表によると、2020年のユーザー満足度は99.4パーセント!

 

2020年には「日本子育て支援大賞」を受賞し、SNSでも大人気。購入者が続出しており、仕事や家事、育児に忙しい家庭からの需要がますます高まっています。

 

乾太くんは、ガスの力で衣類を乾かす乾燥機です。電気式乾燥機と比べるとランニングコストが抑えられ、短時間でふんわりと仕上がるのが特徴です。

 

コインランドリーを利用したことがある方なら、衣類の乾きが早いと感じたことがあるでしょう。それは、コインランドリーで使われているのがガス式衣類乾燥機だからです。

 

乾燥容量は、スタンダードタイプで3.0kg、5.0kg、8.0kgの3種類、デラックスタイプで6kg、9kgの2種類と、ご家族の人数や洗濯量に合わせて選ぶことができます。

 

この商品を導入すれば、洗濯にかかる時間を大幅に短縮し、家事の負担をぐっと軽減することができます。

 

乾太くんは、今の時代にフィットする便利なアイテムとなっています。今後ますます導入率が上がってくるのではないでしょうか。

 

乾太くんのメリット・デメリット

乾太くんに興味を持っている方も多いと思います。

 

ネットやSNSでも人気が高まっているので、気になっている方も増えていることでしょう。

 

トレンドとなっていて、なんとなく良さそうな商品だけど、具体的に何が素晴らしいのか気になると思います。

 

ここで、乾太くんのメリット・デメリットについて忖度無しで一つずつ解説していきます。

 

メリット

乾太くんを購入すると、このようなメリットがあります。

 

毎日大変な家事の時短化

2023年に登場したデラックスタイプの6kgと9kgで乾燥時間を調べてみます。6キロの洗濯物なら約60分、9キロなら約90分で乾燥完了。 ドラム型洗濯機の乾燥だと、これより2〜3倍は長くなってしまいます。

 

ただし、乾燥時間は部屋の温度や湿度によって変わることもあるので、あくまで目安として捉えておいてください。

 

ふわふわの仕上がり実感

乾太くんは、強い温風をたっぷり送り込むので、タオルなどの繊維が根元から立ち上がり、ふんわりとした仕上がりに。初めて利用したときにもっとも感動する瞬間です。

 

電気式の乾燥機ではなかなか得られない、ふわふわ感は乾太くんを使用して一番のメリットかもしれません。コインランドリーでしか味わうことのできない乾燥を自宅でいつでも行えるようになります。

 

生乾き臭いや菌の繁殖を抑えられる

乾太くんは80℃以上の温風で衣類を乾かすので、99.9%の除菌効果を誇るため、不快な生乾き臭や菌の繁殖対策にとても有効です。臭いの元である、モラクセラ菌は生乾きの洗濯物で繁殖し、雑巾のような悪臭を放ちます。

 

この嫌な臭いの原因菌も、乾太くんのパワフルな温風で撃退。天日干しのような清々しいフレッシュな匂いになります。どんな柔軟剤を使うよりも心が落ち着きます。

 

雨や梅雨などの天候に左右されない

日本は雨が多い国です。洗濯をしても天気が良いという確証はありません。洗濯が終わり外に干そうと思ったとたん雨になると気分も滅入ります。天気を気にしながらの洗濯はストレスになります。

 

乾太くんなら、いつでも乾燥をして天日干しのように乾かすことができます。梅雨や台風シーズンは特に重宝します。

 

ドラム型洗濯機も天気に左右されず、洗濯ができますが、ガス式乾燥機のように短時間でふかふかにすることが難しいです。

春先の花粉症対策 にも効果あり

乾太くんは、花粉症に悩む方にとって非常に有効なアイテムです。外に干す必要がないため、洗濯物に花粉が付着する心配がありません。天日干しは、このようにデメリットも存在します。

 

衣類に花粉が付かないことで、くしゃみや鼻水といった花粉症の症状を軽減できるので、快適に過ごせるようになります。春先など花粉が飛び交う季節でも、家の中で安心して衣類を乾かせます。

 

衣類を清潔に保ってウイルスやM2.5や黄砂を付着させない

ダニを気にする方も多いと思います。アレルギーの原因にもなるため対策が必要です。ダニは50℃以上の熱風を20分以上当てると死滅すると言われています。乾太くんは80℃以上の熱風を送り込むので、ダニを簡単に退治できます。

 

それだけではなく、乾太くんは除菌効果も抜群。天日干しと同等かそれ以上の効果があり、清潔に保つことができます。

 

さらに最近飛来するようになったPM2.5や黄砂などを付着させないメリットもあります。外干しを躊躇っていた方にも最適です。

ランニングコストに優れている

リンナイのデータによると、LPガスで6キロの洗濯物を1日1回乾燥させると約83円かかります。毎日使っても月に2,500円程度。ガスの乾燥をしたくて、コインランドリーを利用することを考えればかなりの節約になるでしょう。

 

都市ガスだと、約50円近くまで下がるので、コストパフォーマンスはかなりよくなります。毎日使う場合は1,500円前後です。この金額で衣類をふかふかにできると考えれば、お買い得に映るのではないでしょうか。

 

豊富なラインナップでご家庭に合ったのを選べる

乾太くんは、スタンダードタイプ(8㎏、5㎏、3㎏)とデラックスタイプ(9㎏、6㎏)、合わせて5モデルをラインアップ。特に最新のデラックスタイプはフルモデルチェンジしたばかりで多機能でお手入れも簡単になりました。

 

この豊富なラインナップにより、1人暮らしや大家族など、それぞれに適した容量の乾太くんを手に入れることができます。一人暮らしであれば、9kgなんて大容量は必要ありませんよね。

 

デメリット

メリットが多い乾太くんですが、デメリットもあります。以下で説明します。

 

洗濯機から乾太くんに移さなければならない

ドラム型洗濯機ならボタンを押せば洗濯から乾燥まで行ってくれますが、乾太くんは、洗濯機から衣類を移す必要があります。

 

脱水後の洗濯物は、洗濯機内で絡み合っています。ぐちゃぐちゃのまま乾太くんにいれると、中でごわつきスムーズに乾燥ができません。衣類をほぐして乾燥機に入れる手間はデメリットでしょう。

 

デリケートな衣類は縮む危険性がある

乾太くんは、電気より圧倒的にパワーのあるガス温風で衣類を乾かします。80℃以上で乾かすことでスピード乾燥を可能にしますが、熱に弱い素材の衣類は縮んでしまうことがあります。

 

デリケートコースもありますが、デリケートな衣類は、別途乾かすことを検討した方が良いでしょう。一度縮んでしまった衣類を元に戻すのは難しいので注意が必要です。

 

毎回糸くずフィルターの掃除をしなくてはいけない

基本は糸くずフィルター掃除のみですが、ほぼ毎回使用するごとに掃除をする必要があります。尋常じゃなくらいのほこりが溜まるので、「面倒だからフィルター掃除をしなくてはいい」というわけにはいきません。

 

デラックスタイプは糸くずフィルターの取り付け場所が扉側にあるのでお手入れしやすいですが、スタンダードタイプは乾燥機内の一番奥に取り付けられているため、掃除がかなり面倒になります。

 

背の低い方は使いづらいという声も聞きます。

 

初期費用が結構かかる

乾太くんは、本体を買うだけでいいというわけではありません。本体にプラスして設置費用がかかります。

 

平均的な相場として、デラックスタイプであれば「本体+設置費用」で、20万円以上になってしまいます。

 

さらに、オール電化の過程であれば、ガスを開通させなくてはいけません。より費用がかさんでしまいます。

 

プロパンガスではガス代が高くなることも

リンナイの公式サイトにあるように、平均的な価格であればランニングコストもよくなります。

 

ただ、プロパンガスは地域や会社によって大きく変わってきます。そのため場合によってはガス代が高くなってしまうことも考えられます。

 

もし、都市ガスで安価の場合が多いので、ガス代の心配はしなくて良いでしょう。

 

乾太くん利用者の口コミ・評判  

ネットやSNSを中心に乾太くんのクチコミ・評判を探してみました。一部ですがご覧ください。

  • コインランドリーみたいな乾燥を期待して購入したけど大満足!

  • 忙しい朝でも、乾太くんがあればサッと洗濯物を乾かして出かけられる

  • 部屋干しのときとは違って、ふんわりと仕上がるし嫌な臭いも一切しない

  • 値段が値段だけに、購入するか最後まで悩んだけど購入して正解だった

 

不満の声も探してみました。少ないですが以下のような口コミがありました。

 

  • スタンダードタイプを使っているけど、糸くずフィルターのお手入れは多少大変

  • プロパンガスだけど、ガス代が高めなのであまりお得感はないかも

 

不満な声も一部ではありますが、総じて満足度は高いようです。

 

まとめ

この記事では、乾太くんのメリット・デメリットを中心に説明をしてきました。

 

確実に言えることは、自宅に乾太くんがあれば洗濯がとても楽になります。購入して良かったという声が多いのも納得のアイテムです。

 

家族が多い家庭や、お子さんがいて、よく衣類を汚してしまうのであれば、乾太くんは力強いパートナーになってくれます。

 

このページを参考に、乾太くんの特徴や、メリット・デメリットを知ってから購入を検討することをおすすめします。

Comments


LINE簡単
無料お見積り

0120-043-026

お電話お見積り

電話受付: 9:00~18:00 
(年末年始除く)

お見積りフォーム

\ 無料で今すぐお見積り!/

24時間365日対応

お見積り

フォーム

電話受付: 9:00~18:00 (年末年始除く)

0120-043-026

LINE簡単

無料お見積り

bottom of page