top of page

詳しくはこちら

取扱商品一覧

詳しくはこちら

工事までの流れ

給湯器からポタポタ水漏れ|原因と効果的な対処法をご紹介!こうなったら業者を呼んで!

更新日:2023年12月22日


給湯器の水漏れ


給湯器の水漏れの主な原因をご紹介

この記事を最後まで呼んでいただくことによって、給湯器からポタポタと水漏れがあった場合の対処と原因を知ってもらうことができますので、是非ご覧くさい。


また、対処法だけを知りたい方は記事の最後の「給湯器からポタポタと水漏れしたときの対処法」こちらをご確認下さい。


給湯器からのポタポタ水漏れの原因

給湯器からのポタポタ 水漏れ

給湯器からの水漏れは、給湯器を設置して10年以上の場合のお宅でよくおこる問題一つです。

その原因はいろいろありますが、主なものを以下に紹介させていただきます。


経年劣化


給湯器の経年劣化

給湯器内の部品が老朽化すると、パッキンのようなシーリング材が劣化し、水漏れが起こりやすくなります。基本的には給湯器を設置して10年以上経過している場合に起こるケースがほとんどです。10年未満の場合修理が可能な場合もありますが、水漏れにより内部の基盤等も一緒に故障してしまうケースもあり、結果的に新品と交換してしまったほうがお安く済む場合もあります。


配管の問題・凍結


給湯器の配管

給湯器と配管を結ぶときに使用するパッキンの劣化や接続に鉄の配管を使用している場合はさびて腐食してその場所から水漏れをしている場合があります。

その場合パッキンを新品のものに交換したり、配管をステンレスの配管に変更したりすることによって解決する場合が多いです。


冬場では凍結による給湯器の内部部品の破裂の水漏れも聞きます。

こちらは旅行などや賃貸物件の退去時にブレーカーを落としてしまい、給湯器の機能の一部の凍結防止が働かないことにより起こります。長期出かける場合も給湯器のブレーカーは落とさないほうがよいです。賃貸物件の退去時は給湯器の水抜きをおこなえば、これらの問題を防げます。


施工不良


給湯器の施工不良

  

給湯器を設置して日数が経過していない場合におこる水漏れは設置した業者に施工不良によるものが大半をしめます。マンションなどでは漏れた水が階下のお宅までいってしまい、大問題になる場合もあります。熟練した業者が工事しているのかも業者選びの大事なポイントになります。


給湯器からポタポタと水漏れしたときの対処法


給湯器の水漏れ

状況の確認をとりあえずプロに依頼したい場合は無料で相談に乗ります!0120-043-026




ステップ1|給湯器の電源をOFFにする


まずは給湯器のリモコンをオフにして使用をいったんやめましょう!水漏れしたまま使用すると、機器の不具合が進んでしまい、修理ができなくなってしまう場合もございます。戸建ての場合、給湯器の近くにコンセントがあるので、そちらを抜いても電源が遮断されます。


ステップ2|給湯器本体の水漏れ箇所を確認する


次に給湯器のどの場所から漏れているか確認しましょう。給湯器と配管のつなぎ目から漏れているのであればまだよいのですが、内部から水漏れしている場合、漏電などの事故につながる可能性があるのですぐに使用を中止しましょう。


ステップ3|給湯器に水がいかないように給水バルブをしめる

給湯器の下や横に給水バルブがついているので、そちらを閉じましょう。

時計回りに回すと閉じます。固くて回らない、場所がわからないなどの場合は水の元栓をしめるという方法もあります。(ただしこちらの場合、家全体の水がでなくなってしまいます)


ステップ4|給湯器の本体の故障が見られれば業者を手配する

給湯器の内部の不具合の場合、まず一般の方での修理は難しいのですぐに業者に依頼しましょう。

配管接続部のポタポタ程度の水漏れならばホームセンター等でパッキンを購入して直してしまうことも可能です。ただ工具が必要だったり、少しでも不安を感じたかたは業者に依頼することをおすすめします。


給湯器の交換を専門家に依頼する方法・選び方


給湯器交換を専門家に依頼

給湯器が設置して10年未満の場合、給湯器のメーカーに修理依頼をしましょう。

10年以上経過している場合、給湯器の寿命は10年といわれているのと部品の供給が終わっていて修理不可のこともあるので取り換えを検討したほうがよいです。


賃貸物件にお住いのかたは、水漏れや給湯器の不具合を発見した場合、管理会社に連絡をしましょう。基本的に設備の不具合の場合、大家さん負担で修理や交換をしてもらえるからです。管理会社に連絡をせずに自分で修理をしてしまうと料金を請求されたりトラブルにもつながります。


給湯器の設置業者は近くのガス会社を筆頭に多数あります。

業者選びのポイントとしては、


①実店舗があるのか? 

②保障はついているのか? ここがポイント!

③下請け業者でなく自社の施工か? 

④価格は適正か? 

などで判断するのが良いと思います。



給湯器からポタポタ水漏れしてしまったときの対処法まとめ


ステップ1|まずは給湯器の電源をOFFにする


ステップ2|次に給湯器本体の水漏れ箇所を確認する


ステップ3|給湯器に水がいかないように給水バルブをしめる


ステップ4|給湯器の本体の故障が見られれば業者を手配する


LINE簡単
無料お見積り

0120-043-026

お電話お見積り

電話受付: 9:00~18:00 
(年末年始除く)

お見積りフォーム

\ 無料で今すぐお見積り!/

24時間365日対応

お見積り

フォーム

電話受付: 9:00~18:00 (年末年始除く)

0120-043-026

LINE簡単

無料お見積り

bottom of page