top of page

詳しくはこちら

取扱商品一覧

詳しくはこちら

工事までの流れ

【結局どこに頼むのがいいの?】給湯器の交換を依頼する業者選びのコツや注意点を解説


作業や仕事の疑問を説明する

給湯器を設置してから日が経ち、不具合が見つかると給湯器を交換する必要があります。


給湯器の交換に際し「どこの業者に頼むのがいいの?」「メーカー以外の選択肢ってあるの?」など気になった経験はありませんか。


実は給湯器の交換は、ガス会社だけでなく安さを重視したインターネット通販で購入し、自分で交換工事をしてもらう業者を探す方法もあるのです。


そこで本記事では、給湯器の交換を依頼できる業者の中からおすすめ6選を紹介し、目的別で選ぶ方法や業者選びで失敗しないコツなど解説します。


業者選びで何を見れば良いのか、理解できるのでぜひ参考にしてください。



【業者別】給湯器の交換はどこに頼むべき?おすすめ6選

安心できる作業員

給湯器の交換は、以下の業者で対応してもらえます。


  • ガス会社

  • 給湯器メーカー

  • 家電量販店やホームセンター

  • 工務店やリフォーム会社

  • 給湯器販売工事会社

  • インターネット通販

業者名

特徴

こんな方におすすめ

ガス会社

ガス関連のプロフェッショナル

安心感を重視している方

給湯器メーカー

製品知識が豊富

専門性を重視している方

家電量販店やホームセンター

キャンペーンやポイントの付与

お得さを重視している方

工務店やリフォーム会社

リフォームとセットで対応可能

リフォームと一緒に工事したい方

給湯器販売工事会社

割引率が比較的高い

安心感と価格のバランスさを重視している方

インターネット通販

コストを抑えられる

とにかく安さを重視したい方

業者ごとの細かい特徴の違いなど順番に解説するので、業者選びの参考にしてください。


1.ガス会社


ガス会社は、普段から使っているガスのプロフェッショナルなので、交換作業における安心を感じられます。


住居で契約しているガス会社に連絡すれば、具体的な対処法や交換の日程調整をしてもらえます。


都市ガスで契約している方は、交換作業に来る業者は、あくまで提携会社になるのが大半です。


提携会社によって品質の良し悪しが決まってしまうのがデメリットです。


交換作業にかかる費用も、後述する業者より比較的高額で、選べる給湯器が少なめな傾向にあります。


ガスを扱うプロフェッショナルなので、専門の知識や資格・経験・実績などから強い安心を感じられるのがガス会社の魅力です。


金額面のデメリットが拭えない方は、給湯器のリースを提供しているガス会社から選ぶのも1つの手です。


2.給湯器メーカー


給湯器メーカーは、ノーリツやリンナイなどのメーカーに直接交換を依頼する流れになります。


「今設置している給湯器と同じメーカーに交換したい」と考えている場合、給湯器メーカーがおすすめです。


給湯器メーカーが扱っている自社の製品と交換するので、トラブルが発生した際の対処法も詳しく教えてもらえます。


しかし給湯器メーカーは、交換より修理を受け付けているのが大半です。


交換を受け付けてもらえた場合も、工事までの対応が比較的遅い傾向にあるので、緊急的な対応は見込めません。


何より、今設置している給湯器メーカーが撤退している場合も考えられるので、給湯器が故障する前に交換を受け付けているかの確認が必須です。


3.家電量販店やホームセンター


家電量販店やホームセンターは、給湯器の販売と交換を一通り対応してもらえる業者です。


大半の場合で自宅から通える実店舗で給湯器本体を購入するケースになるでしょう。


給湯器を販売している担当者から詳しい話を聞いたうえで給湯器本体を決められるのもメリットの1つです。


ほかの業者と大きな違いは、セールのようなタイミングで給湯器を買えた場合、比較的安く購入できるのもメリットです。


多くの場合で店舗特有のポイントも付与されるので、価格を重視している方は魅力に感じます。


しかし家電量販店やホームセンターは複数の製品を扱っているので、専門性に欠けてしまう点で注意が必要です。


担当者の知識レベルによっては、トラブル発生時に対応してもらえるかは不透明なのが現状です。


4.工務店やリフォーム会社


工務店やリフォーム会社に依頼すると給湯器の交換だけでなく、お風呂や台所などの場所もまとめて工事してもらえる業者です。


地域密着型の工務店やリフォーム会社であれば比較的親しみやすく、迅速に対応してもらえる見込みがあります。


近くであれば出張費なしの可能性もあるので、工事完了までのスピード感を重視している方におすすめの業者です。


しかし工務店やリフォーム会社は、給湯器の交換のみで依頼すると断られるケースがあります。


仮に受け付けてもらえたとしても、提携会社に外注する流れになるので、結果として割高になる点で注意が必要です。


5.給湯器販売工事会社


給湯器販売工事会社は、給湯器メーカーのように自社製品に特化している業者とは異なります。


ノーリツやリンナイなど、多数のメーカーを扱っている業者で販売から新規設置、交換作業など幅広く対応してもらえる業者です。


多数のメーカーを扱っているので、給湯器の選択肢が広がります。


給湯器販売工事会社ごとの割引設定や保証など、充実した選択肢があるので、ほかよりも安く交換できる見込みがあります。


しかし品質の良し悪しや無資格で営業している、いわば悪徳業者もいるので業者選びにはとくに注意が必要な業者です。


6.インターネット通販


安さにこだわっている方は、インターネット通販で給湯器を購入する方法が挙げられます。


ほかの業者は独自の保証があり、その分費用がかかってしまいます。


インターネット通販で給湯器を購入すれば、最低限の保証で済むので比較的安く購入できるのです。


しかし給湯器の交換は、専門的な資格を保有している必要があるので、DIYできません。


あくまでインターネット通販で給湯器本体を購入し、交換作業を業者に依頼する流れになります。


何より給湯器は号数や設置場所などを間違えてしまうと、大きな損失になってしまうので注意しましょう。


インターネット通販で給湯器を購入し、交換工事は業者に依頼する流れは、インターネット検に慣れている方にはおすすめの方法です。



目的別で選ぶ給湯器の交換を頼む業者

点検をするアジア人の作業員の手元

前述で業者別に特徴を解説しましたが、ここからは消費者目線の目的別におすすめしたい業者選びのポイントを解説します。


  • 安心さを重視したい

  • 価格の安さを重視したい

  • 製品の詳しさを重視したい

  • リフォームの流れで交換したい

  • バランスの良さを重視したい

  • 順番に解説していきます。


1.安心さを重視したい


安心さを重視したい方は、ガス会社に依頼するのがおすすめです。


なぜなら、普段から使っているガスのプロフェッショナルなので、給湯器を含めたガス関連の工事も得意な業者になるからです。


「難しい話を理解するのは億劫」「電話1本で完結させたい」などの悩みを抱えている方は、契約しているガス会社か地域のガス会社の依頼を検討してください。


詳しくは後述しますが、給湯器の交換には専門的な資格を保有している必要があります。


ガス会社への依頼であれば、資格を保有している業者が給湯器を交換してくれます。


しかし安心を持って依頼できる反面、給湯器の交換にかかる費用が比較的高くなる点で注意が必要です。


「費用はそこまで気にしない」「安心できる業者に依頼したい」と考える方は、ガス会社への依頼を検討しましょう。


2.価格の安さを重視したい


「とにかく安くしたい」と考える方は、インターネット通販で給湯器を交換し、インターネットで給湯器を交換してもらえる業者を探すのがおすすめです。


タイミングがよければ、キャンペーンや割引サービスを使って給湯器の購入・交換が見込めます。


しかし安さを重視しすぎると、交換業者を自分で探す手間がかかってしまうので注意が必要です。


給湯器を販売しているサイトや給湯器本体の種類など、決めなければいけない項目に溢れています。


何より自宅に設置できる給湯器を見極めるところから始まるので、最低限の知識が必要です。


時間に余裕があって、自分で調べる手間に抵抗を感じない方は検討の余地があります。


3.製品の詳しさを重視したい


製品の詳しさを重視したい方は、家電量販店やホームセンターで給湯器の購入と交換を依頼するのがおすすめです。


実店舗に足を運び、詳しい方から直接話を聞けるので、疑問点や不明点の解消につながります。


店舗によっては、キャンペーンや割引サービス、ポイントの付与など充実したサービスを利用できる点も魅力の1つです。


しかし家電量販店やホームセンターのスタッフは、給湯器の専門家ではないと把握しておく必要があります。


数多くの製品を扱っているので、専門性はスタッフによってしまうのです。


何より家電量販店やホームセンターで給湯器を購入し、交換まで依頼する場合、ほかより時間がかかってしまう点で注意が必要です。


給湯器が故障し、急を要する場合には不向きになってしまいます。


4.リフォームの流れで交換したい


給湯器の交換に伴い、お風呂や台所などのリフォームも考えている方は、工務店やリフォーム会社に依頼するのがおすすめです。


リフォームすると、大がかりな工事になるので給湯器の交換とセットにすると「セット割引」が適用になる可能性があります。


逆に給湯器単体の購入と交換で工務店やリフォーム会社に依頼すると、受け付けてもらえない可能性や割高になってしまいます。


つまり工務店やリフォーム会社への依頼は、給湯器の交換以外で工事の必要がある際におすすめの業者になるのです。


給湯器の在庫にも影響するので、念入りな打ち合わせが必要になるので注意しましょう。


5.バランスの良さを重視したい


安心さだけでなく、価格などのバランスを重視している方は給湯器販売工事会社に依頼するのがおすすめです。


扱っている給湯器の種類は、メーカーの垣根を超えているので「給湯器の専門家」と言えます。


工事のノウハウがあるだけでなく、給湯器販売工事会社ごとに設定された割引設定や保証などを活用できます。


しかし給湯器販売工事会社は、あくまでガス会社ではないのでガス管の移設が必要な場合、対応してもらえない業者がいるので注意が必要です。


従来の給湯器から多機能の給湯器に交換する際は、ガス関連の工事ができる業者を選びましょう。



給湯器の交換をどこに頼むか決める際のポイント

パソコン作業をする室内の男性作業員

給湯器の交換を依頼する業者を選ぶ際「失敗したくない」と考えるものです。


ここからは給湯器の交換を依頼する業者選びで見ておきたいポイントについて、以下の観点から解説します。


  • 専門的な資格を保有しているか

  • 安さを重視しすぎない

  • 保証の充実さに注意する

  • 施工の実績数や口コミの良さ


1.専門的な資格を保有しているか


給湯器の交換を依頼する業者を選ぶ際、資格を保有しているかの確認が重要です。


資格を保有していない業者の場合、ガス漏れのリスクが高まってしまいます。


依頼予定の業者が資格を保有しているか、ホームページに記載がなかった場合は必ず見積もり段階で確認しておきましょう。


給湯器の交換で主に必要な資格は、以下の通りです。


  • 液化石油ガス設備士

  • ガス可とう管接続工事監督者

  • ガス消費機器設置工事監督者

  • 簡易内管施工士

  • 第二種電気工事士

  • ガス機器設置スペシャリスト


資格を保有していない方がDIYで給湯器を交換するのは禁止されているので、トラブル防止の観点からも資格の有無は必ず聞いておきましょう。


2.安さを重視しすぎない


安さを重視しすぎるあまり「割引あり」「先着〇〇名」などの言葉に騙されないようにしましょう。


業者によっては「今契約してくれたら安くします」と急かす業者がいます。


格安で案内された場合、追加工事による追加請求や工事内容の削減などから十分な交換工事をしてもらえない可能性があります。


いわば悪徳業者かどうか見極めるには、複数社から相見積もりをするか見積もり内容の説明を要求しましょう。


見積もり内容や説明が曖昧な場合、悪徳業者の可能性が比較的高いので依頼を断ったほうがいいでしょう。


複数社から見積もりを依頼し、相場をつかめたうえで決めるのが無難です。


3.保証の充実さに注意する


給湯器は10年の標準使用期間、もしくは10〜15年程度の寿命(耐用年数)と言われるように、長い期間使う機器です。


給湯器が故障して修理、もしくは交換を依頼した際の保証内容や期間が重要になります。


製品に対する保証だけでなく工事に対する保証を提供している業者がいます。


仮に保証期間外でも、有料でトラブルの対処をしてもらえるような保証を提供している場合もあるので、保証内容の確認が必須です。


給湯器の故障に気づかず長く使ってしまうと、不完全燃焼によるガス漏れや火災・爆発などの恐れがあります。



4.施工の実績数や口コミの良さ


給湯器の交換を依頼する業者を選ぶ際、施工の実績数や口コミが参考になります。


そもそも給湯器の本体だけみても決して安い買い物ではありません。


「悪徳業者に騙されたくない」「安心できる業者に依頼したい」と考える方は、依頼予定の業者が公開している実績や口コミを確認しましょう。


「業者名(会社名) 口コミ」でインターネットやSNSで検索すると、実際に交換工事を依頼したユーザーの声が見られます。


良い口コミが多ければ安心でき、逆に悪い口コミが多かった場合は「別の業者にしよう」と思うでしょう。


安心できる業者を選ぶには、業者が公開する施工実績と交換依頼したユーザーの口コミが参考になるので、問い合わせ前に確認しておきましょう。



まとめ|給湯器の交換をどこに頼むかは目的によって異なる


今回は給湯器の交換ができる数多くある業者の中から「結局どこに頼むのがいいの?」の疑問について、解説しました。


給湯器の交換を依頼できる業者は、ガス会社や給湯器を扱うメーカーや販売会社だけでなく、家電量販店やホームセンターのような実店舗など、幅広い選択肢があります。


選ぶ基準も十人十色で、安心さを重視している方もいれば安さを重視する方もいます。


悪徳業者に依頼してしまい、トラブルが起きる前に専門的な資格の有無や保証内容・施工実績・口コミなどから自分の目的にあった業者を選んでいきましょう。

Comentarios


LINE簡単
無料お見積り

0120-043-026

お電話お見積り

電話受付: 9:00~18:00 
(年末年始除く)

お見積りフォーム

\ 無料で今すぐお見積り!/

24時間365日対応